• 池田優子

♪ヴァイオリンの縁の下の力持ち

最終更新: 2018年7月16日

ヴァイオリン教室ブルンネンの講師、池田優子です☆


これからシリーズでヴァイオリンの構造や、歴史について少しずつお話していこうと思います!


今回はヴァイオリンの音が出る仕組みについて。


ヴァイオリンは簡単に言うとf字孔という穴が空いた木の箱に弦を張って、その弦を弓で擦って音を出すという仕組みなのですが、実は様々なパーツのおかげで、あのような美しい大きい音が出るのです!


ヴァイオリンの断面図(手書きなのでちょっといびつ。。)で説明すると、

・表板

・f字孔

・裏板

・側板

・駒

・魂柱

・力木(バスバー)


この中で特に大事なのが名前からしていかにもな『魂柱(こんちゅう)』です!


この魂柱は駒の上に張られた4本の弦の張力(その重さの合計は平均約20

キロほど!)で表板が割れないように支えるだけでなく、弦の振動を駒から裏板に伝える大事な役割を担っています。表板だけでなく、裏板も振動することによって、ヴァイオリンの空洞全体が振動するので、大きな音が出るそうです。

そしてその音の出口が、あのヴァイオリンやヴィオラ、チェロでおなじみのf字型の穴、その名もf字孔(そのまんま)なのです。


普段は見えない『魂柱』ですが、ヴァイオリンの音を支える、まさに縁の下の力持ちです!





72回の閲覧

体験レッスン・お問い合わせは

こちらから☞

お気軽にどうぞ♪